カテゴリ:●全国学生からの呼びかけ( 6 )
f 東北大学明善寮OB
b0051430_22204514.jpg  明善寮のOBです。
 一片の通告での廃寮決定に絶句しました。僕が大学に入った頃は日就の暖房や食堂
問題で夜中まで団交で激論をやっていました。寮をつぶすなんて一番大事なことを当局が
勝手に決めるということは、考えられないことです。東北大もこんなになってしまったの
かと愕然としました。こんなことを認めたら戦前の帝国大学そのものになります。戦前東
北大はマルクス経済学の宇野弘造を追放したり社研を弾圧し、本田総長を先頭に神社掃除
の勤労奉仕をはじめとした学徒動員から戦艦に使われた八木アンテナの発明など幾多の戦
争荷担をやってきました。東北大に留学した魯迅に帰国を決断させたのも、いっしょに
ニュース映画を見に行ったクラスメイトが日本の侵略の報道に万歳をしている姿を見たか
らです。戦後東北大はなんら戦争責任を取ることなく、「旧帝大」であることを誇りにし
てきました。そのなかで東北大学の良心は、脈々と受け継がれて来た学生自治、学生運動
のなかに息づいてきたのだと思います。有朋寮を専制的にたたきつぶすことは、戦前の過
ちを繰り返すことに直結していると思います。
 他方で大学が権力にすがらざるを得なくさせたのは、有朋のみなさんのたたかいの力を大
学が恐れている証拠です。自信を持ってたたかってください。
(新聞写真は秋田魁新聞)
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 22:22 | ●全国学生からの呼びかけ
e 京都大学の学生(元熊野寮生)
この有朋寮闘争の本質は何なのか。それを考えたとき我々は背筋が凍り、そして戦慄を覚える。
要するにそれは、国家利益のための戦争へ意気揚々と出征して行く若者たちを養成し、戦争に役立つ学問だけを奨励する今の教育の姿だ。日本の行こうとしている方向だ。
 戦争に行く者に主体性は要らない。上の者、国家の方針に従えばよいだけだ、自分を殺して。
東北大はそういう学生を歓迎して、話し合いなどなかった廃寮決定に従わない学生は暴力的にたたき出そうというのだ。
 この風潮は東北大だけではない。京都大学でもそうである。「つくる会」理事長の中西輝政が教授として居座り、大学・権力一体となった自治寮破壊の攻撃も年々暴力性と激しさを増している。
 われわれはコトバ、そして論理・ことわりという道具をもっているではないか。血を流させる武器でなく。しかし吉本体制がもはや暴力によって強制たたき出しを行うのなら、われわれは全力で応戦する。戦争に向かう流れを今ここでなんとしても止めよう。全国から有朋寮に駆けつけよう。 
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 22:12 | ●全国学生からの呼びかけ
d 東北大学日就寮一年生
 私は日就寮生です。日就寮にも大学当局から入寮妨害文書がまかれたりと廃寮攻撃がかけられています。この有朋寮廃寮阻止闘争こそが日就寮の廃寮阻止闘争でもあると感じています。だからこそ、有朋寮廃寮阻止闘争を有朋寮生と共に闘っています。今ここで実力闘争で有朋寮を守り抜いて、全国の寮潰し阻止の勝利を勝ち取りたいと想っています。仲間が多ければ多いほど、勝利への展望は切り開かれます。全国のみなさん、有朋寮に来て共に闘ってください。
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 12:00 | ●全国学生からの呼びかけ
c 山形大学の学生
 有朋寮は今、強制執行をもっての寮生の暴力的なたたき出しが狙われています。有朋寮生を先頭に実力阻止闘争へ入っています。9・1以降全国から学生が何人か駆けつけていますが、もっと多くの人が必要です。
 全国のみなさん、とりわけ学生は有朋寮に駆けつけよう!
 有朋寮の闘いは、吉本執行部との闘いそのものです。吉本は学生を無視し続け、学生の自治を破壊し、国家のために学生を利用し、戦争動員を狙っている。これは小泉の構造改革と表裏一体であり、東北大だけでなく、全大学、全社会にかけられている大攻撃です。これと真っ向から対決していく自治寮の闘いを支援し、結集して、有朋寮を守り抜くためにともに闘おう!
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 11:58 | ●全国学生からの呼びかけ
b 北海道に住む学生
 仙台地裁の判決は非道いものでした。何より頭に来たのは、「原告」たる東北大学当局が出廷しなかったことです。しかしこれは、彼ら自身が自らの行いに一片の道義もないこと、そして出廷すれば斗う労働者市民学生によって徹底的に弾劾され尽くされることを自覚しての逃亡であった、といえるでしょう。
 自治寮としての原則をまげず、不当なものに対しては不当だとして斗う有朋寮の正しさは誰の目にも明らかです。
 廃寮攻撃をはねのけ、この寮を守り抜くことが、全ての学生の権利と生活を守り発展させることにつながっていることを確信し、支援として精一杯頑張りたいと思っています。
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 11:58 | ●全国学生からの呼びかけ
a 法政大学の学生
 『今、大学改革の名のもと、有朋寮をはじめ、学生の自治空間をつぶす動きが全国的な流れになっています。私の通う法政大学においても、学生自主管理の学生会館がつぶされてしまいました。この自治空間を守り、あるいは再び創り上げていく為にも、どこかで勝利してこの流れを押し返す必要があると考え、今回私は有朋寮に来ました。有朋寮の斗いは、一番の主体である寮生が勝利に向かって本当に全力投球していることが、一緒にいてすごく伝わりました。あと必要なのは、寮生を支え共に斗う支援です。全国のみなさん、有朋寮に来て、寮を守る斗いを勝利させましょう』
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 11:56 | ●全国学生からの呼びかけ