富山大学学生自治会に対する自治会室明け渡し攻撃を許さない!
 富山大学・西頭学長は、1月16日に一方的に「3月31日までに自治会室の明け渡し」を通告してきました。この攻撃は、改憲・戦争に反対し、有朋寮闘争や法大処分撤回の闘いをともに闘ってきた富山大学学生自治会の主張・存在を問題にし、壊滅しようとするものです。絶対に許すことはできません。
しかし、富山大生は有朋寮闘争の精神で、不屈の実力闘争に立ち上がっています。すごい闘いが始まっているのです。追い詰められているのは大学当局や政府の側です。学生自治拠点への攻撃は、自治をつぶさなかったら戦争ができない、大学が国家戦略を担わなければ日本の大企業が衰滅する、このままでは資本家の支配が崩壊してしまうと嘆き叫ぶ御手洗・日本経団連会長や安倍政権の絶望的なあがきです。こんなやつらは打倒して当然だ。学生・労働者の団結した行動で闘いぬこう。
◆以下、戦闘宣言とアピールを掲載しています。ぜひアピールに賛同してください。
◆3・13キャンパス集会が呼びかけられています。大結集してともに闘おう。



富山大学学生自治会の戦闘宣言
    -学生自治会室の明け渡しを絶対に阻止する-

 1月31日、西頭学長名で3月31日までに学生自治会室の明け渡しを要求する文書が一方的に通告された。
 はっきり言おう。我々学生自治会は学生自治会の明け渡し要求に一ミリも従わない。いかなる妨害、いかなる弾圧があろうと絶対に学生自治会室を死守する。
 大学当局は学生自治会室を明け渡せと言う。一方的に定めた新学則19条「特定に政治団体を助長する活動の禁止」を口実に、学生自治会が「非公認」であるからだという理由だ。しかし、今でさえ具体的理由はまったく言えず、ただ「総合的な判断で非公認」と繰り返すだけだ。さらにこれは憲法の「言論の自由」「思想・良心の自由」違反である。こんな物を「学則」などとは到底呼べない。大学当局の目的は、学生自治会を潰すことであることはだれが見ても明らかだ。
 学生をまったく無視した新学則、具体的理由も言えない「非公認」決定と自治会室の明け渡し通告。たった紙切れ一枚の通知で学生自治会が従うと思ったら大間違いだ。
 学生自治会室の明け渡しは絶対に阻止する。学生自治会室を明け渡すことは、「大学自治」「学問の自由」を大学当局に受け渡す事である。大学自身が「大学自治」「学問の自由」を放棄することだ。
 大学改革=国立大学の法人化と憲法改悪の中で、大学当局が国家・企業の先兵にたち、大学を食い物にしている現状をどうして許せるだろうか。学生・学生団体には、大学の「製品」として、単位を取るためだけの大学と化し、学生・学生団体やサークルの活動に対しては、管理と規制をかけている。現在の学生生活に自由はなくレポート地獄だ。教官に対しては、教授会自治を破壊し、企業と国家の研究を強制し、そのための評価制度を導入した。近年、教官への労働強化はすさまじい。
 去年の4月に制定した新学則は、西頭学長独裁体制と一部の理事の意志を体現している。まさに、学生の活動は許可制に変わり、全て大学当局が管理する内容になっている。新学則19条においては、大学が学生の「思想」「信条」まで管理する規定だ。これが大学全運営に貫かれている。これこそ、過去の戦時下における大学の繰り返しであり、安倍政権の下での教育基本法の改悪や憲法の改悪=戦争協力に突き進んでいく大学の姿である。
 学生自治会室の明け渡しは、西頭学長による独裁体制により「大学自治」を大学自ら放棄するかどうか、改憲情勢の真っ只中で、ふたたび戦時下のような言論弾圧と思想統制を容認するかどうかの問題である。西頭独裁体制の中で、学生が大学の主人公として大学を取り戻せるかどうかの問題である。

 学生自治会は、これを一歩も譲る気はない。学生自治会室を絶対に守りきる。西頭学長よ!本当に学生自治会室を撤去したいのならば実力でくるがいい。学生自治会は自らの全歴史と全てを体現してこれを守りきる。

                        2007年2月1日
                        富山大学五福キャンパス学生自治会
 


富山大学学生自治会室の明け渡し反対!
   学生団体潰しを目的とした新学則撤回を求める賛同のお願い


 全国のみなさん。富山大学五福キャンパス学生自治会です。1月31日、富山大学当局は西頭学長名の一枚の通知で、3月31日までの学生自治会室の明け渡しを要求してきました。学生自治会の活動が、去年突如作った新学則19条「特定の政治団体の主張を普及・助長する活動をしてはならない」に違反し、富山大学当局として「非公認」団体であるというのが理由です。富山大学学生自治会はこれを絶対に許す事がきません。これは戦争と憲法、大学改革に反対する学生自治会の「思想」を理由にした思想弾圧・政治弾圧あり、学生自治会潰しです。これを許せば「学問の自由」「大学の自治」を自ら否定し、学生が自由に発言も活動できなくなります。私たちは、学生・学生団体の団結で学生自治会明け渡しを阻止し、学生団体の潰しを目的とした新学則撤回を勝ちとるまで闘います。全国のみなさんに学生自治会室を明け渡し反対!学生団体潰しを目的とした新学則撤回を求める賛同にご協力お願いします。

 富山大学当局は、05年の10月の新富山大学設置を契機にして06年3月16日、新学則を突如公表し4月から施行を開始しました。この新学則は、今までの大学当局と学生・学生団体のあり方を根本的に破棄し、新学則の下で学生団体の公認制度を導入し、学生団体のすべての活動を許可制にしています。
 特に、学生自治会の学生自治会明け渡し通告までの学生自治会への弾圧は苛烈を極めています。新学則に19条「特定の政治団体の主張の普及・助長する活動の活動をしてはならない」を意図的に入れ、これを理由に戦争・改憲反対するビラ撒き・署名活動を実力で妨害し、署名をしようとした学生にまで「そんなことをするな」と脅しをかけています。「学問の自由」「大学の自治」がかなぐり捨てられ、学生には「言論の自由」も「表現の自由」も許さない攻撃です。「学問の自由」が保障された大学において、公然と「思想」を理由に学生団体を潰す行為は前代未聞です。まさに、共謀罪の先取りであり、大学での「愛国心」教育そのものです。
 さらにこれに学生が屈しないとみるや、10月には学生自治会への一方的な「非公認」決定を行い、07年1月31日の学生自治会室明け渡し通告を行ってきました。しかも明け渡し通告においては、学長名の通知で行われ、大学の最高機関の役員会のトップダウン決定で行われているのです。西頭学長独裁体制の下で学生団体を潰していく。これが大学といえるのでしょうか。
 そして、学生自治会潰しを弾圧の頂点として、さらに富大当局は新学則をつかい、学生・学生団体全体を支配を行ってきています。新学則の下で、学生団体を「公認」「非公認」と選別していくことを同時に行い、大学祭実行委員会に対しては、規約を問題にし、規約の書き換えを迫り学生団体の活動に介入しています。さらに、これを理由にした「非公認」により、大学祭開催などの交渉を行うことを拒否しています。学生の自主大学祭さえ認めない状態になっています。「公認」団体であろうと大学の意に添わない活動をした団体には、実際に「非公認にするぞ」と脅しをかけ、大学の御用団体になることを強制しています。ここのどこに学生の自主性・主体性を尊重する姿勢があるでしょうか。
 大学に従わないものは弾圧を加え、言論の自由も思想の自由も無い。まさにこれこそ大学のキャンパスが安倍政権との対決になっているのです。
 富山大学学生自治会はこうした弾圧に対して一歩も引かずに闘う決意を決めています。西頭学長の独裁体制、富山大学当局の学生団体潰しを目的とした新学則、学生支配に、学生の怒りは渦巻いています。富大の学生・学生団体は団結して、学生自治会室撤去阻止、新学則撤回の闘いをキャンパスで推し進めます。大学を安倍政権・大資本のための大学とするのか、学生・教職員が大学を取り戻していくのかが問われています。私たち学生自治会は、学生、教職員、労働者、市民の団結にこそ大学・社会を変える力があると核心しています。みなさん。学生自治会室明け渡し反対、学生団体潰しを目的とした新学則撤回をもとめる賛同にご協力をお願いします。
                    2007年2月20日
                    富山大学五福キャンパス学生自治会
                    〒930-8555 富山県富山市五福3190 富山大学内 共通教育棟2階
                    E-mail:tomjichikai@infoseek.jp

※「学生自治会室明け渡し反対!・学生団体つぶしの新学生規則撤回!」の賛同署名はメールでも受け付けています。①名前、②肩書き、③住所、④メールアドレス、⑤公表の可否、⑥メッセージを添えて送ってください。よろしくお願いします。

カンパのお願い
 学生自治会室明け渡し反対!学生団体潰しを目的とした新学則撤回の運動へのご支援、カンパをお願いします。カンパはお手数ですが以下の口座に振り込みをお願いします。
●口座名「北陸銀行 五福支店 普通預金 1001370 富山大学一般教育自治会」
[PR]
by ufo_ryou | 2007-03-05 00:46 | ■全国的闘い
法政大学・友部君への退学処分決... >>