無期停学粉砕! 強制執行絶対阻止!

b0051430_23314127.jpg無期停学被処分者

古郡 陸の訴え




 有朋寮明渡し訴訟で仙台地裁の出した反動判決によって、機動隊を導入した強制的・暴力的な寮生叩きだしが明日にも行なわれようとしています。今日行われてもおかしくなかったという状況です。すでに全国からたくさんの学生が駆けつけてくれています。私は有朋寮生、支援の学生と堅く団結し、強制執行にも一歩も退かずに闘います。全国のみなさんに訴えます。有朋寮へ駆けつけ、ともに闘ってください!

 私が闘うのは、東北大当局-吉本執行部の強引なまでの学生無視、独裁体制に屈することができないからです。
 何よりも、無期停学処分です。私は有朋寮で普通に生活しているだけです。吉本執行部は「大学が決めたことに反して寮に住んでいる」というただそれだけの理由で無期停学処分を下し、2年7か月も継続しています。不当なことも「老朽化」なるウソも、暴力でもって強引に押し通す大学は、もはや死んでいます。従うことも、認めることも、人としてできるわけがありません。

 吉本執行部は、「研究が評価される、あなたは生き残れるか」なるパンフレットを全研究室に配付しました。「学校は学生を飼い馴らす場」なる発言をする人物を推しています。これは、戦争を進める小泉「構造改革」の中での攻撃だと思います。これは、差別と団結破壊を強制し、権力者のドレイになることを強制するものです。だからなおさら私は屈することができないのです。

 私は、団結の力で50年間学生の生活・権利と寮自治を守り続けてきた誇り高き有朋寮を、汚い吉本執行部にみすみす明け渡すことなど絶対にしません。吉本執行部よ、機動隊導入でもやれるものならやってみろ! 吉本執行部のドレイになることを、断固拒否します! 腐りきった吉本執行部は早晩、東北大そして全国の学生・労働者の手によって倒されるでしょう。
 「あなたは生き残れるか」のように他人を蹴落とし自分だけ生き残る道を、私は選択しません。団結の力で抑圧している張本人=吉本執行部を倒すことで生き残ろうと思います。みなさん、団結して闘っていきましょう。みなさん、回りの方を組織してください! 有朋寮の闘いを発展させましょう。有朋寮廃寮阻止、無期停学処分撤回、吉本執行部打倒をともに勝ち取りましょう。
[PR]
by ufo_ryou | 2005-09-04 22:50 | ●有朋寮生の決意アピール
<< <有朋寮メールニュース vol... f 東北大学明善寮OB >>