有朋寮廃寮阻止運動の軌跡
 【2001年】 ~廃寮決定と署名運動の反撃
 9月12日 学生協との非公式面談。「18日の評議会で廃寮決定が下る」「学生協決定を伝えるだけ」と通達。
      ※「本決定は18日だ。やめさせる」という寮生に対し「やれるものならなってみろ」発言
  14日 片平にて抗議集会
  18日 評議会に対し「廃寮決定を下すな」と、有朋寮生を先頭に学生が集まり訴えた。
     評議会、有朋寮の廃寮決定。対等な話し合いが一切ないまま。

 ◆こうやって有朋寮の廃寮決定は押しつけられました。

この廃寮の不当性は
①新寮もないままの廃寮、つまり経済的事由を一切無視した寮生たたきだしだということ
 大学当局は「アパートを斡旋する」として取り立てて安くもない物件の一覧を全寮生の分コピーしただけ。これが大学当局の「生活保障」だった!

②当事者の寮生と一切話し合いがなかったということです。
 それは、半年以上前から廃寮を前提に話し合いが行われていたにもかかわらず、一切明らかにしなかったこと、決定に従えという態度に表れています。
また、評議員すら評議会の場に来るまで廃寮決定の是非について話し合うことを知らないものもいたことも明らかになっている。これが東北大の民主主義です。

◆有朋寮は、学内の大署名運動と全国的な支援拡大の闘いを決断、ただちに闘いを開始した。


10月1日 署名活動を開始

11月   署名が学内1000筆を突破!

12月14日 全国集会




【2002年】 ~F君の入寮 守り抜く闘い

2月24-26日 入試会場で3寮生が48時間のハンガーストライキ


4月9日 開講日集会。Fくんが有朋寮への入寮を宣言
b0051430_2335202.jpg


◆学寮専は「入れない、決定だから」と入寮届を拒否、F君の怒り爆発。他方200人以上の入寮希望者が入寮選考から溢れる。学寮専は「我慢してもらう」(東北大新聞にて)。
 さらに有朋寮に入っていることを理由に、F君の学生証が発行保留に(三谷副学長の独断!)。


4月 23-25日 Fくん含め4寮生及びF君のクラスメートが48時間のハンガーストライキ
b0051430_23383534.jpg


5月 学内署名が2000筆突破!

6月28日 全国集会 全国から140人が結集。
b0051430_23242812.jpg
b0051430_23264232.jpg



7月16日 独法化反対集会。佐賀大学の豊島耕一先生が熱く法人化を切る!
b0051430_23295971.jpg

b0051430_23302972.jpg


9月 F君に戒告処分!

10月24日 昼集会。新寮建設までの有朋寮の存置を求めて要求書を提出しようとするも、学寮専は受け取りに来ず。ただちにクラス決議運動に突入。


11-12月 要求書の採択を43のクラス決議と共に要求。11月、12月と評議会に対して座り込んで要求した。ビラを受けとらない評議員に怒り!
b0051430_23461778.jpg


さらに100時間のハンガーストライキ、12/13全国集会、市内デモを叩きつけた!





【2003年】 ~デッチ上げ弾圧と裁判開始。学長の収賄

1月22日 理学部がF君への無期停学処分を決定。

2月18日 評議会が無期停学処分を承認
     100人の学生が集まって抗議

3月21日 市民集会130人で打ち抜く

3月28日 現況確認作業と称して大学当局が大挙来寮。話し合いを求める寮生に対し挑発的に写真を撮る。
 支援の中野七郎さん(全金本山労組)に対し西森克彦教授(農学部)が転び演技


6月2日 中野さん不当逮捕

7月23日 占有移転禁止の仮処分断行

8月20日 中野さん釈放!

9月 学長の「収賄」が報じられる

10月24日 記者会見

11月 大学当局が明け渡し裁判に踏み切る

12月16日 収賄事件に関する緊急集会




【2004年】 ~傷害事件も老朽化もねつ造 サークル闘争がまきおこる
2月 中野さんに有罪判決

4月 裁判の中で有朋寮の老朽化がデマであることが明らかに

8月 PFI型新寮計画が公表される
9月 「傷害事件は認められない」とする判決下る

12月16日 「これでいいのか東北大! 学生こそ大学の主人公だ! 12・16大行動」を総勢100人の行動として打ち抜く
[PR]
by ufo_ryou | 2005-01-30 22:03 | ★有朋寮廃寮問題とは?
<< 2/8 大学当局に対し声明を提出! 1/24 日就寮との共催で昼集... >>